ACCEL Project

身体性メディア

そのメディアが媒介する環境(コンピュータが生成した情報環境や離れた実環境など)において、使用者の代理身体が存在し、その身体を自分の身体として、その環境で行動することを可能とするメディアのこと。バーチャルリアリティやテレイグジスタンスは、代表的な身体性メディアである。

身体性メディアプロジェクト

JST(日本科学技術振興機構)のACCELのプロジェクト「触原色に立脚した身体性メディア技術の基盤構築と応用展開」の略称。
http://www.jst.go.jp/kisoken/accel/research_project/ongoing/h26_05.html

 

身体性メディアプロジェクトでは、触原色原理に基づき小型・一体型の触覚伝送モジュールを開発し産業界や一般のユーザーに広く提供することで、触覚を持つ身体的経験の記録、伝送、再生に基づく製品やサービスの早期創出を推進する。放送分野やエンターテインメント分野での実用化を志向した「身体性コンテンツプラットフォーム」、およびロボットを用いた遠隔就労という新しい産業の可能性を示す「身体性テレイグジスタンスプラットフォーム」の2つの実証システムを構築し、社会的・経済的インパクトを与えるイノベーションの実現を目指している。

 

研究代表者:舘 暲、PM:野村淳二、PM補佐:南澤孝太